« ECOはスゴイ | トップページ | 歯医者さんの電動歯ブラシ評 »

情けないと思わないのかね?

すっかりご無沙汰なF1ですが。佐藤琢磨ファンとして心の叫びを。

佐藤 琢磨 BARの行ないに憤慨、チーム離脱を公言


F1記録集


日本人として琢磨を見捨てない フジテレビ729(土曜フリー走行)より

中本「僕はサラリーマンなんで今回のことはHRDという会社に聞いてくれ。でも僕はサラリーマンである以前に日本人なんだ。」
小倉「日本では琢磨の感情的なコメントが必要以上に伝わってしまった(佐藤がホンダを離れると言ったこと)。」
川合「ホンダが琢磨を見捨てることはない。それはBARの第三ドライバーという意味ではなく。」

 なんですかね。この中本氏の発言は。

 HONDAにとって、琢磨は他のF1ドライバーと同じ価値ですか。いや、BARにとってはそうだろうけど、HONDAにとってもそうなのかと。HONDAはBARに金と技術を惜しげも無く投入し、発言権は要らないですか。どうしようもないお人好しですね。

 なんでもアリなF1だろう。貴方の所の抱えるバトンは正にそれを体現したような存在だったはずだ。HONDAは契約を買い取った事実は無いと言っているが、それが事実だとしても、BARが裏で画策したことだろう。HONDAはやらなくてもBARはやったはずだ。それを筆頭株主のHONDAが知らないはずがない。

 今考えてみれば、バリチェロを取った時点で琢磨の放出は既定事項だった。BARにとってみればバトン+バリチェロのコンビは最高であるし、琢磨という存在、そして彼が所属しているチームがHONDA+BARであるという事実が無ければ、自分もBARが現状で可能な最高の体制になったと思える。

 しかし、こんな形で琢磨を放出させるBARのやり方(アンソニーもな)にHONDAがなんのアクションもしない(できない)ということに、情けないと思わないのか。琢磨が日本のF1ファンにもたらした効果、牽いてはHONDAのブランドイメージに寄与した大きさを省みることはないのか。琢磨はHONDAにとって、他の19人のF1ドライバーのうちの一人にしか過ぎず、日本のF1ファン、メディアにとっても同じ思いだと思っているのか。

 勝たなければ意味が無い。これは至極真っ当なことだ。膨大なスケールで戦うレースなんだし、参加することに意味があるわけではない。それは十二分に解っている。だが、それゆえにそこで戦う日本人ドライバーの価値や意味、効果というものを過小評価して欲しくない。何よりも自国企業のHONDAが。

 来年、琢磨はF1シーンに現れることは無くなるだろう。良くて下位チームで戦うことを余儀なくされる。ティレルの中嶋か。ジョーダンスポット参戦の亜久里か。ミナルディの右京か。下位チームで戦うことになったドライバーの末路は見えている。そのとき、HONDAは「琢磨は頑張って成果を上げ、また戻ってきて欲しい」とかいうのか。いけしゃあしゃあと殊勝なコメントをリリースするのか。

 糞喰らえ。

|

« ECOはスゴイ | トップページ | 歯医者さんの電動歯ブラシ評 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19762/6141564

この記事へのトラックバック一覧です: 情けないと思わないのかね?:

« ECOはスゴイ | トップページ | 歯医者さんの電動歯ブラシ評 »