« BREWウガー!! | トップページ | 勉強しようね>IT戦士(♂) »

お小遣い、こういうのはどうか

 子供が(子供にとって)大きい買い物をしたいとき、親にせびると思うのだが、そんなときこういう方法はどうか。

1.まず自分で買えるだけの金額まで(できるだけ)貯めさせる。
2.買ってきたら、中身を見た上で、何割か補填してあげる。

 これで、我慢や貯金の大切さを養わせて、親は中身をチェックできる上に、「お金があれば何を買ってもいい」というのを防ぐことができる、かも。

 この方法のポイントは「お金さえ溜まれば買うものは自由」というのを如何にコントロールするか。

 普通は「お金(小遣い)を制限、買うものは自由に」だが、これは、お金さえ溜まれば何を買ってもいいということになってしまうので、できれば避けたい。
 反対に「お金を自由、買うものを制限」の場合、いちいち親のチェックが入って、自分の好きなものを買えないから、面白くないだろうし、親も大変だ。第一「お金を自由に」も無理だしw
 かといって「お金も制限」「買うものも制限」というのでは、やっぱり納得しないだろう。

 補填方法だと、親がOKなものは安く買えるし、自分が好きなもの(マンガとかね)は金額に見合った労苦を伴うので、自分からバランスを取るようになると思われ。子供はそういうことには頭がいいからね。

 と、そのようなことをさっき思いついたのですが、どうでしょう>カミサン

|

« BREWウガー!! | トップページ | 勉強しようね>IT戦士(♂) »

コメント

 いつも楽しく拝見させていただいてます。
お小遣いの方法、悩みますよね・・・。うちはまだ2歳なのでまだまだ先の話となるだろうことですが気にはなってました。
 補填方法・・・いいかもしれませんね!
私は、その方法のりました!よく、欲しいという欲求から自制まで27秒と聞いた事があります。
 欲しいと思いお金を溜める間、子ども自身も本当に必要なのか考えられそうですよね。

投稿: 玉響 | 2005.01.19 22:46

 コメント有難うございます
 ウチも上が2歳なので全然先ですが、出勤途中の徒歩中にふと思いついてしまいました。
 お金の使い方を教える方法は、家庭によって様々ですよね。ちなみにキムタクは「小遣いなし、欲しいものがあったら親と交渉する」方法だったそうです。本人が自分のラジオ番組で言ってました。それで、ずっとCDプレイヤーを買ってもらえずにCDが聞けなかったとか何とか・・・。
 ジョン・レノンは、息子のジュリアンが次々とおもちゃを欲しがるので、おもちゃ屋そのものを買い取り、息子にあげたところ、過ぎた物欲の虚しさを感じ、物をねだることをやめたそうです。そこまではいくらなんでもできません(^^;
 結局は子供の性格や賢さによって、あげ方を調整していくことになるんだろうなと思いますが、アルバイトができるようになって、自分のお金が自由になるころまでには、お金の上手な使い方が身につくようにしてあげたいものですね。

投稿: azuha(管理者) | 2005.01.20 12:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19762/2623805

この記事へのトラックバック一覧です: お小遣い、こういうのはどうか:

« BREWウガー!! | トップページ | 勉強しようね>IT戦士(♂) »