« THE 100 GREATEST DRIVERS | トップページ | メリケン至福のとき »

もうWinnyの話はこれで〆

 懲りずにWinnyの話。自分なりの現時点での総括。

 47氏の法的責任の有無に関しては、弁護団ができて、お金の心配も無くなって、本人も争う意思があるようなので、後は当事者とプロに任せて経過を見守る段階に入ったと思う。

 今回の逮捕が行き過ぎかどうかは、裁判の結果が出るまでわからないが、おそらく47氏が本気で裁判で争ったら、検察が負ける可能性が高いかな、という気はする。ただ、今回の逮捕を許せば、データを流通させる仕組みを作った人は全て逮捕される危険がある、というのは拡大解釈過ぎるだろう。将来への大きな懸念という未来予測は、それが現実的なことかどうか考えてから論じるべきだろうと思う。

 というわけで、これ以上当事者以外がうだうだ言ってもしょうがない気もする。警察の意向も47氏の意向もはっきりした。双方戦う準備は出来た。社会に問題提起もできた。後は、今後どうあるべきか、ということだろう。

 それにはやはり、47氏が何のためにWinnyを作ったのか、を考えなければならない。Winnyをああいう形で作った47氏になんの道義的責任も無いのか。純粋にフェアユースの目的で作ったのか。

 47氏は、2chのダウンロード板でWinnyを作る発表をした。ダウンロード板は当時、それより前から、ソフトやコンテンツの違法入手の巣窟だった。ワレズのクラック情報が飛び交い、WinMXが登場してからは、違法ファイル交換をする人のポータルとなっていた。今でもそうだが「ダウンロード板の住人」と言うだけで「違法野郎は氏ね」と言われるくらいの場所だったのだ。その場所でWinMXの後継としてのWinnyの開発意思表示。P2Pソフトの技術的興味から開発を始めたのなら、なぜ「プログラム技術板」で発表しなかったのか。47氏はなぜダウンロード板にいたのか。ダウンロード板の住人だったのか?

 鍛冶屋の学校の教室で「俺、何でも斬れるナイフを作ろうと思う」と言うのと、強盗団の隠れ家で「俺、何でも斬れるナイフを作ろうと思う」と言うのは、同じ言葉でも言外に潜む意味は違ってくる。最後まで匿名だったのも、自分だけのために受信専用のWinnyを作っていたというのも、「ぶっこぬきだけして、自分は安全な場所に居たかったんだろう」と勘繰られても仕方ない。それは押収された47氏のPCがあれば判るかもしれない。(もし、その中に児童ポルノが大量にあって、実はそれが逮捕の本当の目的だったとしたら、ものすごい釣りだがw)

 47氏に「ウィルス作者」と同じ匂いを感じるのはそういうところだ。作ったきっかけは興味本位だったかもしれないが、広く利用されることで起こる状況に対する想像力の無さ、途中で手を止めることが出来ない幼稚なセルフコントロール。"うっかり"でも送信可能状態に置かないようなバージョンを自分専用に作る、その狡猾さ。

 47氏が単なるウィルス作者ならまだよかった。しかし、47氏はフェアユースを持ち出し理論武装した。現行法への問題提起をし、そのための手段としてWinnyを作った、と言ってしまった。しかし言論と行動が一致してない形で。これはマズイ。

 結果として、彼は無罪になるかもしれない。しかし、その事によって、ソフトウェア版銃刀法、ソフトウェア版麻薬取締法ができるかもしれないのだ。47氏が目指した世界に進むために使った方法は、あまりにも劇薬すぎた。社会は自分自身を作り変える代わりに、より強大な予防薬を開発してしまうかも知れない。DMCAはまさにその進み方によって生まれた産物なのだ。47氏の逮捕で出来た将来の懸念は、こちらの方が大きい。無罪になったらなおさらだ。これはプロバイダ責任法とは違う。違法流通の環境を作るのに、プログラマが多大な影響力を持つ、コントロール可能なスケールだからだ。

 しかし、もう起こってしまった。どっちにも転ぶ可能性がある。

 47氏を救おうとしている人たちは、47氏だけの問題で済ませて欲しくない。47氏が不起訴、あるいは無罪になっても「これでソフトウェア開発の未来は守られた」「官憲に勝った」「これで(理由に正当な部分さえあれば)どんなソフトでも開発できる」「技術とデファクトスケールで社会を変えられる。法をなし崩しにできる」とは思わないで欲しい。

 法を変えるには、やり方がある。いい機会だから、今度はちゃんとした方法で著作権法や社会の中でのソフトウェア技術者のあり方を見直そうじゃないか。ロビー活動、大いに結構。日本版EFF、大いに結構だ。47氏の逮捕劇を今後の意味あるものにするのは、そういうことじゃないのかな。

|

« THE 100 GREATEST DRIVERS | トップページ | メリケン至福のとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19762/629483

この記事へのトラックバック一覧です: もうWinnyの話はこれで〆:

» 犯罪者容疑者を「支援する会」 [さくさくさくらゑぶ - 別館 - ときどき日記]
身から出た錆で捕まった「自己責任」という言葉も知らないアホな特任助手(文部科学省のプロジェクト予算が…)を救えと、天才プログラマー様らが始めた会のサイトが出来た [続きを読む]

受信: 2004.05.22 16:13

« THE 100 GREATEST DRIVERS | トップページ | メリケン至福のとき »