« F1RACING | トップページ | もうWinnyの話はこれで〆 »

THE 100 GREATEST DRIVERS

 F1RACINGの記事。
 F1RACINGの口調は海外誌らしく、特徴的だ。シニカルな面もかなりあって、国内紙にはとても書けないユーモアがある。特に短い文面でのユーモアセンスは抜群だ(訳者のセンスも)。今月号の特集記事「THE GREATEST 100 DRIVERS」の100人のドライバーへのコメントもセンスあふれるコメントばかりで、つい紹介したくなってしまう。

 ルーベンス・バリチェロ(48位)
  ライバルチームの方が実力を高く評価している。

 ゲルハルト・ベルガー(44位)
  セナのベストパートナー。ティフォシのアイドル。”夜の12気筒”は日本の褌名。

 ファン・パブロ・モントーヤ(38位)
  人間花火。

 ジャック・ビルヌーブ(36位)
  デビュー戦でPP、翌年にはタイトルを獲得。B.A.R.での5年間はなかったことにしよう。

 ミカ・ハッキネン(11位)
  焦がすほどの速さ、捻れた笑顔、マキシマムアタック。シューミーを倒すことができた唯一の男。

 ニキ・ラウダ(7位)
  '70年代のフェラーリを牽引。2001~2002年にかけてはジャガーの経営に乗り出して、晩節を汚す

 ミハエル・シューマッハ(3位)
  彼を愛することは可能だ。


ちなみに、1位はセナ。

|

« F1RACING | トップページ | もうWinnyの話はこれで〆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19762/627656

この記事へのトラックバック一覧です: THE 100 GREATEST DRIVERS:

« F1RACING | トップページ | もうWinnyの話はこれで〆 »