« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

がーん…六本木PIT INN閉店

■六本木PIT INNよりお知らせ■

皆様にご愛顧頂きました六本木ピットインは、当ビル所有会社の倒産により 当地の再開発が決まり立ち退かざるを得なくなりました。 このことにより、やむを得ず7月26日をもって閉店することに致しました。 今後の事はこれから検討し最善の道を模索してゆく所存でございます。 ひとまずは皆様の長らくのご愛顧に感謝と御礼を申し上げます。

 いつか、カミさんと行こうと思っていたのに…。

 六本木PITINNはジャズ、フュージョンのライブの定番だった。是方やそうる透、ナルチョ、ポンちゃんなど、ここで初めて聞いて心を揺り動かされた演奏は数多い。
 ここでライブ録音するためだけに、ポータブル録再DATを買い、録音した音源をライブ終了後すぐに聞くのが楽しみだった(録音や録画にPITINNは寛容だった)。
 結婚して子供が出来てから行かなくなったけど、たまにぴあを手にとると、いつもチェックしてたなぁ・・・(しみじみ)。


 長い間、ご苦労様でした。新宿は行ったこと無いけど、いつかカミさんや子供連れて聞きに行きます。それまで(とは言わず、ずっと)がんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッ……いや、なんでもない

 というわけで肩透かし大王たっくんですが。

 実は、私、たっくんに謝らなければならないのですw
 自分はいつもF1をみるとき、同時に録画をしています。いいレースだった場合、記録として残しておきたいからです(最後まで起きられないというのもありますが)。
 ところが、昨日は録画を失敗してしまいました。時間はばっちりだったのですが、なぜかチャンネルがTBSだったのであります。その前に録画した番組のままチャンネルを変えるのを忘れていたからでした。ちなみにその録画した番組は内緒です。内緒だってば。

 で、いつもならスタートだけみて、後は録画に任せて寝てしまうのですが、たっくんの表彰台への期待から、ずーっと見ていられました。そして、中盤までみたところでチャンネルの間違いに気づきました。
 がーん! もしかしたら、たっくんの初優勝レースかもしれないのに、なんてこったい!慌てて途中からCXに合わせましたが、後の祭りです。途中から録画された中途半端な記録映像になってしまいました。

 そのとき、私はもったいなさのあまり、悪魔の一言をぽつり、と言ってしまったのです。

 「琢磨、リタイアすればいいのに。(録画)失敗したから」

 そこからしばらく後でした、たっくんがバリにガッチャンコしたのは。

 ああ、なんてことでしょう!私が悪魔の言葉を発していなかったら、たっくんは表彰台だったかもしれないのです。

 私が録画を失敗していなければ。

 そもそも、「お宝映像になるから」と、さして興味もないTBSの番組とスイカ映像をエアチェックしなければ、あんなことには、、、、_| ̄|○


 スマン。たっくん。関係ないのはわかってるけど、謝らずにはいられないよ。


 でも、一言いいかい?

 リタイアして、マシンを降りた直後の君の怒り方は、コイツにそっくりだったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカ親プルチノ(中央出版)使用記 その4

 オール5に就活中の学生さん、こんにちはw ググったり、ヤフったりして来られたんだと思いますが、インターネットは嘘も本当もごたまぜになっている空間です。自分で言うのもなんですが、ネットの情報は鵜呑みにしない線でいきませう。日刊ゲンダイくらいの信用度で大体OKですw
 それから、就職のスタートラインはその後の人生に大して影響を与えません。軌道修正はいくらでも利きますし、逆にそういう気持ちで進まないと道が外れたときのショックに耐えられないかもしれません。不況だし。
 隣の芝は青く見えるものです。人生はどんな道を選択してもなにかしらの後悔は避けられませんので「とりあえずやってみるか」の精神で行ってみてもいいのではないのかなと思います。肝要なのは「選んだ道に納得できるか」です。履歴書の職歴欄が一枚では埋まらないくらい、あっちこっちに行った(w)俺が言うんだから、間違いありません。間違いだらけかもしれませんがw
 オール5がどんな会社か、本当のところはわかりませんが、悪徳では無いと思います。誠実かどうかは難しいですけど、少なくとも私の担当は誠実でした。仕事は厳しいかもしれませんが、訪問販売の営業なんて、海千山千でしょう。教育分野の営業は、他の商材よりは有利ではないかと思いますし、若いうちに血反吐を吐くのも、これ経験です。
 とにかく就活がんばってください。応援しています。少しでもこの記事がお役に立てたら嬉しいです。

 と、殊勝なことを言ってポイントを上げてみた(?)ところで、本題w

 今回は、香里がハマってる教材について。
 香里的No.1は、目下のところ「かたちづくりセット」。ようやく、半月を合わせて丸を作ることができるようになりました。いつもそうなんだが、いきなりデキるのな。目標を設定して、試行錯誤を繰り返す大人のやり方とは根本的に違う気がする。
 で、プルチノ最高傑作の「かたちづくりセット」は散々語ったので、他のをご紹介。
 最近富みにお気に入りなのが、「トーキーパッド」。これは、シートを乗せて、上からシートを押すと、シートに合わせた音や言葉が出てくるというもの。市販のおもちゃにも押すと鳴る系があるが、例によってシートの数が半端じゃない。ただ、1歳で遊べるシートは結構限られてくるので、割と使いまわしている。
baka4_3.jpg
トーキーパッドでカタカナの勉強?

 トーキーパッドにはゲームカードというシートに合わせたゲームを起動するカードがあり、それを差すとゲームが始まる。「○○ゲーム、スタート!」とトーキーがしゃべると、香里が「おー」と手を上げるのがかわいらしいのだが、「第一問!」の後のタメの間に耐えられずに、ゲームカードを引っこ抜くので、いつまでたってもゲームが始まんないw もっとも、ゲームできるだけの知能はまだ持ち合わせていないのであるがw
baka4_4.jpg
「別のシートをよこせ!(意訳)」

 次点は「かるたセット」。でも、カルタの内容が気に入っているのではなくて、バインダーでくくられたカルタをめくる行為が好きなモヨウ。まあ、まだ文字そのものがわからないので無理はないかも。香里が勝手にめくって出たカードに合わせて「"あ"りさん」「"キ"ウイ」と言ってあげている。かるたカードは、親が付き合わないと怒る。理由は不明(他のは割と一人で遊んでくれるんだが)。
baka4_2.jpg
かるたセットをめくるの図

 文字と言えば、香里は言葉の発達が遅いようで、特に「モノの理解」が遅れている(と思う)。自分がプルチノに興味を持った(というか心の隙を突かれたw)のも、その点にある。挨拶や「おいしい」などの表現はできるようになっていて、どちらかというとそっち系の方が抽象的で難しいと思うんだが、不思議だ。1歳半検診でも、指差しができなかったし、自分の名前に反応しない。パパ、ママは言うのだが、これといって誰かを指して言っているわけではないようで、じいじ、ばあば、は言えず、香里が何かを欲しがって「何が欲しいの?」と聞いても、指を指し示すわけでもない。
 言葉自体は、うるさいくらいによくしゃべるので、それほどあせっていないのだが、プルチノの効果は今のところ、無い。ま、突然できるようになる予感もするけど、出来ないうちは親なりに心配するよねー?(誰に言ってんだ)

 3点目は「ひらがなセット」(正式名称は忘れたw)。これは字が書いてある平べったい3cm四方のプラスチックパーツをはめ込んだり、並べたりして言葉をつくる教材で、当然香里にはまだ早い代物であるが、なんか手触りがいいのか、ガシャガシャしながら遊んでいる。でもガシャガシャするだけ。すぐ飽きる。でも、またやるんだよな。
baka4_1.jpg
手触りがいいようです

 これに限らないけど、子供はすぐにモノを投げますね。小さくて握りやすいものは特に。楽しいんだから、静かに見守ってあげたいところだが、果たしてシツケはしなくてもいいんだろうか、ちと悩む。
 NHKの「すくすく子育て」という番組の中で、「シツケは生まれたときから始めて」と言っていたのだが、こういう「成長したら迷惑行為かもしれない」遊びはいつから言い聞かせるべきなんでしょうねぇ?>あのときの先生

| | コメント (7) | トラックバック (1)

新機軸?

☆使い方☆

お前ら!AmazonにDQVIIIとFFXIIのツインパックが予約開始ですよ!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047914126/250-6514689-145221/249-1518488-8139567

既出ならスマソ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3000万のダイヤを発見した人に600万のジャガーを

F1:ジャガー、ダイヤ発見者に賞品を

 先日行われたモナコGP決勝で、ジャガーのおよそ25万ドルすると言われる ダイヤモンドがなくなってしまった。チームは、このダイヤの発見者にはおよそ 5万ドルすると言われるXシリーズの車を賞品として与えるとしている。

 割にあわねーw

 というか、保険にも入ってなかったんか? まあ、あんなところにつけたら料率の計算が不可能かも知れんけどw
 つーか、元々シャレなんだから、走る前にニセモノに変えとけよなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

燃料まで軽量化

F1:フェラーリ、軽量燃料を使用

 声明文によれば、“シェルVパワーF1ULG58は、全く同じパフォーマン ス特性を維持しつつ、できる限り重量が抑えられている”とのことである。 

 燃料が軽量になれば、積載量の増減による重量変化が小さくなって、マシンの安定にも寄与するかもしれない。ガスの重さは結構バカにならないから。

 しかし、ここまでやるかね?

 後、軽量化の余地が残ってるのは、、、、、タイヤゴムくらい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこ大好き

ねこハプニング映像

可愛いすぎ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

タイガーバームに継ぐヒット商品か?

カタツムリの粘々からつくられた奇跡のハンドクリーム

このカタツムリの体液には皮膚の細胞を再生させる成分が含まれて、皮膚の傷などを驚くべき速さで治癒してしまうという。皮膚の老化や髭剃り後のローションはもちろん、負傷や火傷の治療にも使える。
(中略)
カタツムリを栽培する人々の切り傷が驚くほど速く回復することを知ったのがヒントになったんだそうだ。現在、アメリカでは毎月、2万本が輸出されているそうだ。価格は1ビン、39ドル。
日本には、まだ輸入されていないけど、14ドル40セントの送料を払えば、メールやファックスで買える。

 ほう! 覚えておこう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気持ちはわかるが

F1:アロンソ、ラルフを出場停止にするべき

F1:アロンソ、ラルフとは口をきかない

ラルフとこの件(モナコGPでのアクシデント)について話し合うかという質問に対し、次のように答えている。

 「いや、多分話なんかしないね。僕の意見をきかないような人間と話をし、時   間を無駄にしたくはない。もっと他にやるべきことがあるよ。」
モントーヤは(モナコGPでミハエルと接触した件について)こう述べている。

 「何か話すことがあるとは思わない。もし彼が何か言いたいなら、黙ってるけ   どね。でもこの件に関し僕の意見は固まっているし、変わらないよ。」

 ………えーと、誰かこの若き血潮あふれる連中に諭してやってください。
 ブランドルかハーバートかパトレーゼあたり呼んで。

 あ、チェザリスとアーバインとジャックは呼んでこないようにw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

は?降格?

F1:ウィリアムズTDにマイケル

 ウィリアムズは、チームのテクニカルディレクターとしてサム・マイケルを起 用し、現在そのポジションを務めるパトリック・ヘッドは降格になるという。
 

 をいをい…。
 パトリック・ヘッドはエンジニアリング・ディレクターになるんだよ。降格じゃあるまい。

 …………………………。

 はて、エンジニアリングディレクターテクニカルディレクターは、どっちが上なんでしょうか? 教えて、エライ人!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういう不毛なツッコミはもうヤミロ

「RADEON X800は去年の世代の製品」

 Lin氏はまず、RADEON X800 XTを「An Act of Desperation! (死に物狂いの製品)」と揶揄。その理由として、
  1. R300シリーズと同じShader Model 2.0に基づいた去年の世代のアーキテクチャとソフトウェアを採用している
  2. Shader Model 3.0に対応したかったがうまく実装できなかった
  3. X800 XT Platinum Editionのクロック周波数に誤解を招く点がある
  4. ドライバに不正疑惑がある、という4点を挙げた。

 FXの時の意趣返しかよ。大人気ないぞ、nVidia。なら、俺が「GeForce6を買わない理由」を挙げてやるw

  1. Shader3.0は当面それを生かしたゲームは出ない(ゲームのリリーススケジュールほど当てにならないものはない)
  2. 超大電力(500W!電子レンジかよっ)、超高冷却力を必要とする最高のビデオカードより、常識的な消費電力、常識的な冷却能力で動くカードを選択する。最高のビデオカードと性能が拮抗しているならなおさらだ。
  3. そもそも、ゲームがどれだけ描画ユニットを使っているかとか、Shaderコードのサイズはいくつかとか浮動小数点が32bitの精度かどうかとかは、ゲームを楽しむことになんの関係もない(2%くらいはあるかい?)。
  4. ドライバの特性を変えることでベンチマークの結果を操作するのは、nVidiaのお家芸だろうが。「不正」だと、どの口が言うのか。
  5. 会社のPCのGeForce4を最新のForceWareに変えると、画面がぼやけるんだYO! なんとかしる!w

いじょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シューミー激怒

05/24(Monday)  フェラーリのピットで“ゴンッ!”と大きな音

決勝レース中盤,フェラーリのM・シューマッハはトンネル内でクラッシュしてレースを終えたが,ピットでマシンを降りてガレージ奥に入る際に“ゴンッ!”という大きな音がした。この音はシューマッハがヘルメットを投げつけたときのもので,メカニック達はシューマッハをなだめるので精一杯だった。

 ガッ!!

 きっとクルーの誰かがぬるぽと言ったに違いない。


 確かに、第一スティントのペースをみていると、モナコもシューミーが勝つだろうと思った。ルノー、BARとは地力が違いすぎたし。予選はサプライズが起こっても、決勝はガチでシューミーかな、と。

 やっぱ、密かにモナコ6勝、開幕6連勝を狙っていたんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トゥルーリおめっとー!

 良くも悪くもロケットのようだった琢磨を見届けた後、ふてくされて最後の15分までTVを消していた。最後だけ見るかと、もういちどTVをつけたら、マイルドセブンがトップ。ラッキーストライクが2位で、どびっくり。

 記者会見のトゥルーリの愁いを帯びた笑顔にセナの面影を感じつつ、ビデオを巻き戻しますた。

 で、感想。、、、、えー、、、ウィリアムズの二人は、誰かに命を受けているのでしょうかw それともセナとマンセルの呪いか?

 それはともかく、F1パイロットたちの危機回避能力に感心です。目の前が煙で真っ白になっているのに、よくみんな避けれるよなー。しかもモナコで。(フィジコとペヤングは別、だけどあれはしゃーないか)
 あと、アロンソは怒れるような立場じゃない気がするけどね。ラルフがドアを閉じたようにも見えなかったけど。

追記:
 ラルフの件は、どうやらラルフがスローダウンしたらしい。あと、モントーヤの件はフェラーリが抗議したようだ。
 あと、ぺヤングがまたうだうだ言ってる。イギリス人なんだから、少しは気を使えよ>ぺヤング、とは言うものの自分の尻に火がついてる状態では仕方ないかも知れんが。来週のGPDAミーティングで琢磨が火祭りにあげられないことを祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリケン至福のとき

おーまいがー!グッドマーン!グーッドマーン!

 漏れもちょっぴり至福(´∀`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうWinnyの話はこれで〆

 懲りずにWinnyの話。自分なりの現時点での総括。

 47氏の法的責任の有無に関しては、弁護団ができて、お金の心配も無くなって、本人も争う意思があるようなので、後は当事者とプロに任せて経過を見守る段階に入ったと思う。

 今回の逮捕が行き過ぎかどうかは、裁判の結果が出るまでわからないが、おそらく47氏が本気で裁判で争ったら、検察が負ける可能性が高いかな、という気はする。ただ、今回の逮捕を許せば、データを流通させる仕組みを作った人は全て逮捕される危険がある、というのは拡大解釈過ぎるだろう。将来への大きな懸念という未来予測は、それが現実的なことかどうか考えてから論じるべきだろうと思う。

 というわけで、これ以上当事者以外がうだうだ言ってもしょうがない気もする。警察の意向も47氏の意向もはっきりした。双方戦う準備は出来た。社会に問題提起もできた。後は、今後どうあるべきか、ということだろう。

 それにはやはり、47氏が何のためにWinnyを作ったのか、を考えなければならない。Winnyをああいう形で作った47氏になんの道義的責任も無いのか。純粋にフェアユースの目的で作ったのか。

 47氏は、2chのダウンロード板でWinnyを作る発表をした。ダウンロード板は当時、それより前から、ソフトやコンテンツの違法入手の巣窟だった。ワレズのクラック情報が飛び交い、WinMXが登場してからは、違法ファイル交換をする人のポータルとなっていた。今でもそうだが「ダウンロード板の住人」と言うだけで「違法野郎は氏ね」と言われるくらいの場所だったのだ。その場所でWinMXの後継としてのWinnyの開発意思表示。P2Pソフトの技術的興味から開発を始めたのなら、なぜ「プログラム技術板」で発表しなかったのか。47氏はなぜダウンロード板にいたのか。ダウンロード板の住人だったのか?

 鍛冶屋の学校の教室で「俺、何でも斬れるナイフを作ろうと思う」と言うのと、強盗団の隠れ家で「俺、何でも斬れるナイフを作ろうと思う」と言うのは、同じ言葉でも言外に潜む意味は違ってくる。最後まで匿名だったのも、自分だけのために受信専用のWinnyを作っていたというのも、「ぶっこぬきだけして、自分は安全な場所に居たかったんだろう」と勘繰られても仕方ない。それは押収された47氏のPCがあれば判るかもしれない。(もし、その中に児童ポルノが大量にあって、実はそれが逮捕の本当の目的だったとしたら、ものすごい釣りだがw)

 47氏に「ウィルス作者」と同じ匂いを感じるのはそういうところだ。作ったきっかけは興味本位だったかもしれないが、広く利用されることで起こる状況に対する想像力の無さ、途中で手を止めることが出来ない幼稚なセルフコントロール。"うっかり"でも送信可能状態に置かないようなバージョンを自分専用に作る、その狡猾さ。

 47氏が単なるウィルス作者ならまだよかった。しかし、47氏はフェアユースを持ち出し理論武装した。現行法への問題提起をし、そのための手段としてWinnyを作った、と言ってしまった。しかし言論と行動が一致してない形で。これはマズイ。

 結果として、彼は無罪になるかもしれない。しかし、その事によって、ソフトウェア版銃刀法、ソフトウェア版麻薬取締法ができるかもしれないのだ。47氏が目指した世界に進むために使った方法は、あまりにも劇薬すぎた。社会は自分自身を作り変える代わりに、より強大な予防薬を開発してしまうかも知れない。DMCAはまさにその進み方によって生まれた産物なのだ。47氏の逮捕で出来た将来の懸念は、こちらの方が大きい。無罪になったらなおさらだ。これはプロバイダ責任法とは違う。違法流通の環境を作るのに、プログラマが多大な影響力を持つ、コントロール可能なスケールだからだ。

 しかし、もう起こってしまった。どっちにも転ぶ可能性がある。

 47氏を救おうとしている人たちは、47氏だけの問題で済ませて欲しくない。47氏が不起訴、あるいは無罪になっても「これでソフトウェア開発の未来は守られた」「官憲に勝った」「これで(理由に正当な部分さえあれば)どんなソフトでも開発できる」「技術とデファクトスケールで社会を変えられる。法をなし崩しにできる」とは思わないで欲しい。

 法を変えるには、やり方がある。いい機会だから、今度はちゃんとした方法で著作権法や社会の中でのソフトウェア技術者のあり方を見直そうじゃないか。ロビー活動、大いに結構。日本版EFF、大いに結構だ。47氏の逮捕劇を今後の意味あるものにするのは、そういうことじゃないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

THE 100 GREATEST DRIVERS

 F1RACINGの記事。
 F1RACINGの口調は海外誌らしく、特徴的だ。シニカルな面もかなりあって、国内紙にはとても書けないユーモアがある。特に短い文面でのユーモアセンスは抜群だ(訳者のセンスも)。今月号の特集記事「THE GREATEST 100 DRIVERS」の100人のドライバーへのコメントもセンスあふれるコメントばかりで、つい紹介したくなってしまう。

 ルーベンス・バリチェロ(48位)
  ライバルチームの方が実力を高く評価している。

 ゲルハルト・ベルガー(44位)
  セナのベストパートナー。ティフォシのアイドル。”夜の12気筒”は日本の褌名。

 ファン・パブロ・モントーヤ(38位)
  人間花火。

 ジャック・ビルヌーブ(36位)
  デビュー戦でPP、翌年にはタイトルを獲得。B.A.R.での5年間はなかったことにしよう。

 ミカ・ハッキネン(11位)
  焦がすほどの速さ、捻れた笑顔、マキシマムアタック。シューミーを倒すことができた唯一の男。

 ニキ・ラウダ(7位)
  '70年代のフェラーリを牽引。2001~2002年にかけてはジャガーの経営に乗り出して、晩節を汚す

 ミハエル・シューマッハ(3位)
  彼を愛することは可能だ。


ちなみに、1位はセナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1RACING

 F1RACING日本版7月号、購入。

 復刊以前も買っていたのだが、いつのまにか買わなくなって、いつのまにか休刊。
 復刊第一号は買わなかったが、二号目の7月号は、BARのグラフィックに魅せられて、思わず買ってしまった。
 やはり、カーボンコンポジットの表面は美しいね。曲線も官能的で素晴らしいっすー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒマ、ですね

Linuxの「生みの親」は本当にトーバルズか?――疑問を呈するレポートが発表へ

 Linuxの発明に関して、TorvaldsよりもMinixの設計者であるAndrew Tanenbaumのほうがより多く貢献したと評価されるべき、と書かれている。
   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、で?

 このシンクタンクの言うことには、

  • OSの研究者以外にはOSは作れない。しかも一介の学生なんかにゃ逆立ちしたってムリ。
  • 一流企業ですら、OSは作らずに買う。もしそんなに簡単に作れるなら大企業はなぜ自分でOSを作らないのか。

 ねぇ、キミたちって、頭はいいけど、アタマワルイよねぇ?w

 確かlinuxはMinixをベースに作ったんじゃなかったっけ?(修正:POSIX準拠で作り始めた、というのを勘違い) それ以前にどっちが偉いかなんて、何の役に立つんだ? Andrewタンのファン? それともMS/SCOに頼まれた?

 というか、とりあえずキミたちは初期のlinuxカーネルのソースを見なさい。特にコメントをね。書いてることが学生っぽいぞーw

追記:
 本当にMSに頼まれたっぽい、、、、w
 最近MSはlinuxを直接攻撃することが無くなって、なんだ、あきらめたか? すっかり丸くなったね、バルマー君。などと思っていたのだが、SCOに金を出す銀行に金を出したり、シンクタンクに金を出して攻撃させたり、と搦め手を使うようになったみたいでつね。恐るべしMS。ゲイツ&バルマー健在w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”きもちわるい…”

ACCS、office氏に掲示板を毎日監視するよう義務づける仮処分申請

 おしおき、人身御供、見せしめ、、、

 ACCS、お前ら私怨混じってて、はっきり言うと気持ち悪いよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ記事を排除して検索@Google

Blogless Google

 私のブログもばっちり排除されますタw

 multithreadより

| | コメント (0) | トラックバック (1)

まずは安くしてからでしょ

日本のCD価格は安くなる?――法改正がもたらすエンドユーザー利益の真偽

 今回の法改正に際し、レコ協サイドは再販価格の維持期間を1年に短縮することを申し入れた。また輸入権によって日本人アーティストがアジア進出を果たすことで、その利益は邦楽CDの価格低下という形で日本のユーザーに還元される、と説明している。

 ┛┗
 ┓┏ んなもん信じるバカがどこにいるのか。

 昔ゲームアーツとT&Eのおっさんが、「コピーが減ればゲームソフトは安くなる」とのたまったが、現状の価格にした要因はコピーの減少かい?
 違うよね。みんな買わなくなったからだよね。コピーなんて媒体がCDになってからFDより簡単になってるよね。今は比率としてコピーは減ってるかもしれないけど、それは「安くなったから」というのが先だよね。
 コンシューマゲームソフトはSCEの価格破壊が起きたからだけど、これだって「価格が高いと売れない→シェアが取れない」からでしょ。媒体がCDになったから、というのは外向けの説明だよね。

 コピーがパイの広がりを左右するんじゃないよ。結局価格が左右するんだよ。売上枚数を増やすためには、安くするしかないんだよ。付加価値なんて役に立たないんだよ。レンタル、CDR、mp3、価値があるのは音楽そのものだっていうのは、もう自明だろ。あんたたちだって、着メロでわかったはずでしょ。

 勝手に日本人像を勘違いして、宣伝広告費ばっかり使って、その埋め合わせにプレミアつけて価格を高くしてるやつらに「安くなります」なんて言われて信じられますかい。しかも統計をごまかして「日本のCDは安い」なんてのたまってるひとを。

 「法改正される前に国内版洋楽CDは、直輸入版と同じ価格帯にする」くらいのことは言ってみなよ。それでも珍Dのこととかがあるから、反対は反対だがなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

育児本: 『おねえさんになるひ』

育児本: 『おねえさんになるひ』から

 おねえさんになるひ

 ウチも二人目が今冬に生まれます。
 そのとき忘れないようにちぇっく、します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

PC世代にもパソコン通信があったと思うが

ネット世代とPC世代を分ける「インターネットの隠れた本質」

 ネット世代はネットの向こう側を信頼している。PC世代は信頼してない。という記事。
 めずらしく俺みたいな凡人にもツッコめそうな記事なので、早速ツッコミw


 いきなりだが、PC世代は”パソコン通信”で、ネットの向こうの不特定膨大多数に信頼を持っていたと思う。

 確かに"検索"という部分においてはパソコン通信は弱く、それについてのパラダイムシフトは起こらなかったけれど、ネットの向こう側の人間を信頼し、創造のコラボレーションを実現していたのは同じだろう。小規模なフリーソフト開発でいえば、今よりコミュニティの距離が近かったような気がする。

 インターネットのコントロールされない世界に対して、パソコン通信の世代は、一時期、一種の畏怖を持っていただろう、しかしインターネットの向こう側を信頼しているのはいわゆるネット世代と一緒だ。ただし、信頼しているのは「情報」であって「人」ではない。

 ネット世代は、本当にネットの向こう側の不特定多数の「人」を信頼しているのだろうか?ならば、なぜソーシャルネットワークなんてものが流行る? 2chやスラドが殺伐としているのはナゼなのだろう?

 検索を辞書のように利用しているのはネットの向こう側の「情報」を信頼しているからだろう。本の辞書を信頼するのは、情報を信頼するからであって、編纂者を信頼しているわけでは無い。元を正せば「人」を信頼していることにもなるが、人格が見える形の情報の信頼度はどっちもあまり変わらないと思える。

 オープンソースがインターネットで爆発したのは、他の場所が事実上死滅したから。そして純粋なパイの広さだと思う。ネットをコミュニティの場としていたのはパソコン通信世代も変わらない。多数のオープンソースプロジェクトもそのコミュニティに入るという通過儀礼は免れない。つまり、ゆるくはあるが、閉じたネットワークを構成している。純粋な不特定多数ではない。

 ネットを主体として考えるか、目の前のコンピュータを主体として考えるかは、考え方として明確に分かれるだろう。しかしそれは変えられる。個人の資質の問題。世代の問題ではないだろう。(前提として世代間の差は超えられないと考えた場合だが)


 ところで、
 Web系の連載記事は、時として連載のテーマから外れてしまい、ただの随筆になってしまうことがある。自分の思うことを記事として調査や推敲しないまま発表してしまうのは、Web系記事に多い。よく読ませてもらっている記事を書く人の、普段感じていることを知るのは興味深いのだが、本と比べると時々フランクすぎる面が出てくることがあって、これもネット世代の特徴か? Blogというスタイルがそれをさせるのなら、Blogの功罪の罪の部分なのだろうか。まぁ、無料で読んでるくせに偉そうだが、ちょっとだけ。


 (自分の記事はどうなんだ、というツッコミはもちろん自分でしておくw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こっこに対抗w

 今月のこっこクラブの表紙の女の子を見て「正直負けたと思った」とカミさんに言ったら、対抗意識を燃やした(w)のか「見上げる表情はかわいらしさが20%アップするから、撮ってみてよ」と言われて、撮った。


 200%アップ


 というわけで、プロフィールの写真をそれに更新。
 それにしても、我が子ながら大人びた顔だ。これでも1歳半ス。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プロセッサがいっぱい

マルチコアで新しい価値観を提案するIntel~ローエンドでもEM64Tをサポート

(マルチコアの利用法として)クライアント(PC)においては、2番目のコアを別な用途に割り振ることで、全体として良好な性能を得られる可能性を(IntelのOtellini社長は)示唆した。
 つまり2番目のコアをGUI処理や画面のレンダリング処理専用にしたり、Firewallや暗号化などセキュリティ機能専用のプロセッサにする、というアイデアだ。
(中略)
 マルチコアプロセッサの一部をI/Oプロセッサ的に利用することにも一理あるかもしれない。たとえば、ハードディスク上のデータを直接プロセッサのキャッシュにフェッチする、というような動作は、チップセット内蔵のバスマスタIDEコントローラでは不可能だが、プロセッサによるPIOなら実現できる
 PIOは、I/O処理によりプロセッサが占有されるのが弱点だったが、マルチコアプロセッサなら、ユーザータスクを処理するプロセッサはほかにある。マルチコアプロセッサの場合、専用I/Oプロセッサと異なり、PCの使われ方や負荷状態を見て、個々のプロセッサコアの用途を決める、という柔軟性も期待できる。

 PIO復活ですか。歴史は繰り返すというが、DMA、メディアプロセッサ、MMX、GPU、HT、そしてマルチコア、とプロセッサの中の人も大変だw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そりゃ、ディズニーはやりすぎだと思うけどさ

 どうやら、隊長はコンテンツホルダ側や警察側ではなかったようだ。斜め上から見つつ、クリエイティブコモンズに賛同する立場らしい。商業的価値を無くした、あるいは無いコンテンツを流通させる手段としてWinnyはとても有効なツールであるということで、そういう理論武装しないままソフトを開発、メンテした47氏はもったいないなー、ということらしい。

 商業的な価値を無くしたコンテンツをいつまでも解放しないから、こういうことが起きるんだという主張は、中古ゲームの一件でもあった。一定期間を過ぎたものはコモンズに移行すべしという主張は自分も賛成する。するんだが、それは技術的に解決する問題ではないだろう。
 コンテンツの寿命はコンテンツそれぞれによって変わるし、価値が消えたと思われたコンテンツが復活することも往々にしてある。それどころか最初は無いと思われていたコンテンツが一定期間立ってから価値を評価されることもある。著作者への還元にどこでボーダーを引けばいいのか、どこで十分に還元されたと判断するのか。答えは幾通りもあり、十分に議論し落としどころを探る必要があるだろう。

 なるほどWinnyはコンテンツを流通させる土台として画期的なものだろう。資本が必要ない(分散されている)という意味では理想的なプラットフォームだ。しかしWinnyがコモンズコンテンツのためにあるのであれば、そこに匿名性は必要ないし、著作権を有するコンテンツを切り分ける手段が必要なはずだった。

 そこにWinnyの思想が見える。それはコンテンツ全てをコモンズに入れるという思想であり、今の社会で到底容認できない思想だ。

 コモンズコンテンツを流通させる手段としてP2Pを標榜するのであれば、それにふさわしい道具を作る必要がある。そして、コモンズを実現するため各所に働きかける必要がある。法改正も必要だ。

 アンダーグラウンドでは数の論理は通用しない。なし崩しなんてありえない。今回わかったことはそういうことだろう。そしてそれは正しいことだと思うが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーブレット入門

@IT:ツールでトライ!初めてのWebアプリケーション(1)

 サーブレット入門記事。ちぇっく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湾岸ドハマリ

 試しに古本屋で数巻購入し、その後一気に1~22巻購入。
 カミさんと一緒にドハマリ中。

 Vシネあたりでドラマシリーズきぼんw

 にしても、なんだ。最近はボーっとしていて自己主張が希薄なのに、友人も彼女も棚ボタ式に集まっちゃうような主人公が流行りなのかい、八っつぁん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局その気があったかなかったかが問題だ

 コレの続き。一応関連しているところに身を置くものとして、もう少し考えてみる。

 47氏の逮捕の影響として、今後のソフト開発の影響とかP2P技術への影響とかいろいろ言われているわけだが、自分はそのどれもピンとこない。今回の件を包丁職人になぞらえて考える人も多いが、それとは違うと思う。業界側と市民との戦い、権力と市民との戦いと捉える人もいるが、そういうことでもない。では、どういうことか。
 自分は、つまるところ「47氏はウィルス作者だったのか」どうかにあるのだと思う。

 Winnyは純粋に技術的な興味によって開発されたのか。
 フェアユースを想定してソフトを作ったのであれば、それが実際はどのように使われたのかどうかは関係ない。何回バージョンアップしようと、自分専用のバージョンがあろうとそれが罪になることは無い。まさに包丁である。
 しかし、47氏はそうではなかったようだ。実際には起訴されて証言するまで本当のところはわからないが、47氏の供述の報道を読む限り、現行著作権に挑戦する目的、WinMXより摘発が困難なソフトを作る目的が主だったようだ。
 47氏の「逮捕は仕方ない」という言葉が本当であれば、確信犯ではない、故意犯。現行法に合法でない形で挑戦すると言う意味では政治犯ですらある。(そこがSoftEtherの作者とは違うところだ)

 こういうプログラマの性質を私たちは知っている。クラッカーやウィルス作者、スクリプトキディと言う形で。47氏との違いは「役に立つソフトかどうか」だけだ。47氏にそういう臭いを感じ取ったから、47氏を支持できない、警察を支持するという向きも多く現れるのだろう。

 今時、プログラマが純粋だとは思わない。プログラマは力があり、その力を破壊に向けたら、影響を無視できない事象が起こることも想定できる。だから「純粋」の皮をかぶった狼を見極める必要があるし、「技術」を盾にして全てが許されるような、ありもしない”将来への影響”を闇雲に懸念するようなことにならないようにしたいものだ。

追記:
 47氏は否定したようだ。どうやら戦うつもりらしい。やるならとことんやれよな。FLMASKみたいなヘタレは許さんぞw
 そして見事無罪を勝ち取ったら、きっと日本版DMCA、ソフトウェア版銃刀法がつくられるだろう。よかったなw

| | コメント (1) | トラックバック (0)

またもや琢磨がトップ!

F1合同テスト5/13、ポールリカール

 1 佐藤 琢磨      BAR・ホンダ      M 1’10.830 107周

 いやー、相変わらず速いねぇー、テストでは。
 まさに、テストファースト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

右か左か上か下か

 47氏逮捕の件はまだまだ議論が続く気配だが、ネットでは警察支持派と不支持派に二分されているようだ。
 なんか、イラク人質事件で、政府支持派と不支持派に分かれたときのことを思い出すが、見た範囲ではコンテンツホルダ側にいる人間は警察支持派、そうでない側は不支持派になっているようで。大まかには、だけど。
 昨今話題の、CCCDや輸入権問題でコンテンツホルダ側にも多数の不支持派がいるという音楽業界、とは風向きが異なるのは業界の特性なのか問題の本質が異なるからなのか。中々興味深い。

 というわけで、警察支持派の(勝手に)代表。隊長のエントリ。この内容については、自分も支持。というか相手が悪い(どっちから見ても)w

 で、かく言う自分はどうなのかというと、隊長側に近い、かな。コンテンツホルダ側に身を置いている立場からすると、今回の逮捕はとても効果的だと思うし、よくそこまで踏み込んだと思う。
 いちプログラマとしての立場からすると、これでP2Pが違法になるとはやはり思えない。ユーザーを特定するPureP2Pソフトを作って(そっちの方が性能や使い勝手の点で一般的に有利)も警察にしょっ引かれるかというと、まだそうはならないと思えるから。
 そして、ひとりのやじうまとしては、47氏は自業自得、か(本人も言ってるみたいだし)。

 47氏は不当逮捕か、ということについては今後を見る以外ない。47氏には同情できないけど、この逮捕は不当だというのは、矛盾している。47氏が版権のあるコンテンツを違法に流通させることを容易にするためにnyを作ったのかどうかは、追々明らかになっていくだろう。その点では経過に注目したいが、疑問がひとつ。

 なぜ今逮捕なんだ?
 逮捕のきっかけになったものは一体、なんだろうか? 住所が割れたからというわけでもないみたいだし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

バカ親プルチノ(中央出版)使用記 その3

 なんか、オール5のポータルと化しているウチのblogですが、早くHP立ち上げてください>オール5w
 そりゃ「教材のセールスに来ました」と言うと、端緒にもつけないだろうことは良くわかるんですが、結局こうやって調べられちゃうわけだから、最初から教材の良さをアピールした方がいいと思いますよ。

 さて、買ってから1ヶ月が経過した、我が家のプルチノですが、順調に壊されておりますw
 ただ、ぐしゃぐしゃになって使い物にならなくなったものはありません。基本的に丈夫です。紙もプラスチックと紙のあいの子みたいな素材なので、折り曲げられることはあっても、破れることはありません。そこらへんは幼児用雑誌と比べると歴然です。まあ、比べるのが間違ってますけどw
 木のおもちゃは当然ですが、シェイパーと呼ばれるシリコン製のおもちゃも歯型はつくものの、千切れることは今のところないようです。

 まだ1ヶ月しかたってませんが、まだ飽きる気配は無いです。それどころか、最初に見せたときに興味を示さなかったカルタや、絵を押すと反応するトーキーパッドと呼ばれるおもちゃも、遊ぼうとするようになってきました。カルタはバインダー式なので、めくるのが楽しいようです。外してカードとして遊んでも喜びます。
 使って2週間くらいの変化でびっくりしたのが、本の読み聞かせに応じてくれるようになったことです。今まで本を読み聞かせようとしてもわりとそっちのけだったんですが、カルタで遊ばせるようにして間もなく、本読みも聞いてくれるようになったのは驚きでした。時期がたまたまという可能性も大きいんですけどね。

 ただ、やっぱり全体的な反応のよさは、”しまじろう”に軍配が上がりますw まだ頭を使うことよりも、体を使ったり、生活習慣を身につける方が大事だし、そういう時期なので、役に立っている方は”しまじろう”でしょう。
 それと、心配だった言葉も徐々にしゃべれるようになりましたが、これはプルチノのおかげとは正直思ってません。やっぱり親の語りかけや、大勢の人との接触が最も影響が大きいと思います。GWに実家に帰ったのですが、親二人だけの環境と、じいじ、ばあば、おにいちゃん(ママの弟)が加わった環境では、情報量の違いが明白で、とうてい教材なんぞに替わりが勤まるわけはない、というところでしょうか。

 とはいえプルチノは成長が如実にわかるという点で、とても楽しいです。
 最初は教材のあそびかたがわからず、適当に弄りまわしていても、時がたつと意味が理解できて本来の遊び方になっていくのは不思議なことです。
 丸三角四角の形をしたシェイパーを絵の空いた部分に合わせるという教材があるのですが、最初はなにもできませんでした。その内空いた丸い部分になにかを置くということが理解でき(そのときはまだ丸いものは置けません)、形の同じものが置けるようになり(大きさは違います)、今ではちゃんと形の合ったものが置けるようになっています。
 このようなものは、他のおもちゃにもあるとおもいますが、プルチノは台紙を変えることで同じおもちゃのパーツからどんどん遊び方が変わるので、そこで終わりじゃないのが嬉しいです。だってまだ一枚目なんですよ。全部で何枚あるんだっけ?w

 てなわけで、成長の速度は上がってるような気がします。時期的にそういう時期だということの方が大きいとは思いますが、プルチノも少しは貢献してるんじゃないかなーって思ってますです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あははは!タモさーん

Yahoo!メンバーディレクトリ - tamori_desu_nakayoku_siteneさんの公開プロフィール

 趣味がふかわと出川ですか。
 ところで、やる気のないのが信条なら、万年遅刻erの安齋さんを怒っちゃいけませんよねw


はてなダイアリー - 昨日の風はどんなのだっけ?より、参照しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺヤングが駄々こね

BARは調子良いんだから金曜日に3台目を走らせるなYO!(クルサード)

「1年ずっと固定するべきではないよ。BARは今年2番目、3番目にいいチームだが、それでも1年中サードカーを走らせることができる。我々は今年から金曜あまりテストをすることができない。それなのに、力のあるチームが我々よりも3倍4倍の周回数を走るのを見てなくてはいけない。」

 まぁまぁ、来年は君んとこのチームも3台目を走らせられるようになるから、いいじゃないか。あ、でも君、来年は居ないんだっけか、ごめんごめん。


 と言われるのがオチ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

よい保育施設の選び方 十か条

よい保育施設の選び方 十か条

保育用語の基礎知識

認可外保育施設(ベビーホテル)一覧をH.P.で公開します。

都内のベビーホテル、半数が“指導無視”

なるほど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めざトプグリかけ

 新宿ヨドバシに寄ったら、儂の作ったゲームが50円で売っていたので、思わず保護w
 まだ持ってなくて、完全にあきらめていたのだが、なんたる偶然か。

 神様ありがたう。もしかして、初心を忘れるなってことスか?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だまされてみるか、と

スタパトロニクス:気にすれば気にするほど……「空気清浄機 エアーリフレnanoe」

 この記事の本題は置いといて、最後に書いてあった「オレンジX」にぐぐっと心を引かれた俺。もうすでに買う気マンマンなわけだが(w)、普段の俺はテレコンワールド全盛の頃から、通販番組を香ばしく見ている立場だったりするわけで、通販はゲラゲラ笑っているのに、スタパは信用するなんて、あらためて自分の小市民ぶりを認識してしまったのであったw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

C#って

C++++の意味なのねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あーもったいない

 このところ時間が取れなくて記事を書いてないうちに、47逮捕@nyとか 管直人@空気読めない度No.1とか 福田@≒金剛地剛とか 琢磨@予選3位とか 実況@F1が始まる前に覗いてはいけないとか 木村@vs隊長(でもレベル差ありすぎ)とか デジカメ@買ったよんとか 湾岸@内容濃えーとか いろいろオイシイネタが溜まってしまった。

 その他にも、娘@育児関係で、いろいろイベントがあったりして書きたくてしょうがないわけだが今は仕事で忙しいのであった。というわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

C言語のよくある間違い

C言語のよくある間違い
ちぇっく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未納テンプレ

今後の選挙の際の参考にw

[ 閣僚 ]
 中川経産相 : 18年
 福田官房長官 : 3年1ヶ月
 石破防衛庁長官 : 20ヶ月
 谷垣財務相 : 17ヶ月
 竹中金融経済相 : 11ヶ月
 麻生総務相 : 4年
 茂木沖縄相 : 9ヶ月

[ 自民 ]
 鴻池祥肇 : 1年8カ月
 二田孝治 : 18年

[ 民主 ]
 菅党代表 : 10ヶ月 ← この馬鹿さえいなければ内閣総辞職
 佐々木秀典 : 40年 ← 未納期間最強王者
 峰崎直樹 : 調査中
 松木謙公 : 2か月
 鳩山前代表 : 9年

[ その他 ]
 上田文雄札幌市長 : 29年
 島袋宗康(無所属の会) : 6か月


テンプレ出自:2ch(少し変更しました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝からお掃除♪

 ワイドマジックリンで洗濯槽をじゃぶじゃぶ洗い中。どんなにゆすいでもあの茶色いひらひらしたゴミが出てくるのは何故ですか?
 この後、食器洗い、掃除機がけ、部屋の片付け、分別ゴミ捨て、洗車、洗濯物タタミ、帰省の準備、といきたいところだが、どこまでやれるかは不明w とりあえず洗車はやる前からギブアップしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »