« 新機軸? | トップページ | バッ……いや、なんでもない »

バカ親プルチノ(中央出版)使用記 その4

 オール5に就活中の学生さん、こんにちはw ググったり、ヤフったりして来られたんだと思いますが、インターネットは嘘も本当もごたまぜになっている空間です。自分で言うのもなんですが、ネットの情報は鵜呑みにしない線でいきませう。日刊ゲンダイくらいの信用度で大体OKですw
 それから、就職のスタートラインはその後の人生に大して影響を与えません。軌道修正はいくらでも利きますし、逆にそういう気持ちで進まないと道が外れたときのショックに耐えられないかもしれません。不況だし。
 隣の芝は青く見えるものです。人生はどんな道を選択してもなにかしらの後悔は避けられませんので「とりあえずやってみるか」の精神で行ってみてもいいのではないのかなと思います。肝要なのは「選んだ道に納得できるか」です。履歴書の職歴欄が一枚では埋まらないくらい、あっちこっちに行った(w)俺が言うんだから、間違いありません。間違いだらけかもしれませんがw
 オール5がどんな会社か、本当のところはわかりませんが、悪徳では無いと思います。誠実かどうかは難しいですけど、少なくとも私の担当は誠実でした。仕事は厳しいかもしれませんが、訪問販売の営業なんて、海千山千でしょう。教育分野の営業は、他の商材よりは有利ではないかと思いますし、若いうちに血反吐を吐くのも、これ経験です。
 とにかく就活がんばってください。応援しています。少しでもこの記事がお役に立てたら嬉しいです。

 と、殊勝なことを言ってポイントを上げてみた(?)ところで、本題w

 今回は、香里がハマってる教材について。
 香里的No.1は、目下のところ「かたちづくりセット」。ようやく、半月を合わせて丸を作ることができるようになりました。いつもそうなんだが、いきなりデキるのな。目標を設定して、試行錯誤を繰り返す大人のやり方とは根本的に違う気がする。
 で、プルチノ最高傑作の「かたちづくりセット」は散々語ったので、他のをご紹介。
 最近富みにお気に入りなのが、「トーキーパッド」。これは、シートを乗せて、上からシートを押すと、シートに合わせた音や言葉が出てくるというもの。市販のおもちゃにも押すと鳴る系があるが、例によってシートの数が半端じゃない。ただ、1歳で遊べるシートは結構限られてくるので、割と使いまわしている。
baka4_3.jpg
トーキーパッドでカタカナの勉強?

 トーキーパッドにはゲームカードというシートに合わせたゲームを起動するカードがあり、それを差すとゲームが始まる。「○○ゲーム、スタート!」とトーキーがしゃべると、香里が「おー」と手を上げるのがかわいらしいのだが、「第一問!」の後のタメの間に耐えられずに、ゲームカードを引っこ抜くので、いつまでたってもゲームが始まんないw もっとも、ゲームできるだけの知能はまだ持ち合わせていないのであるがw
baka4_4.jpg
「別のシートをよこせ!(意訳)」

 次点は「かるたセット」。でも、カルタの内容が気に入っているのではなくて、バインダーでくくられたカルタをめくる行為が好きなモヨウ。まあ、まだ文字そのものがわからないので無理はないかも。香里が勝手にめくって出たカードに合わせて「"あ"りさん」「"キ"ウイ」と言ってあげている。かるたカードは、親が付き合わないと怒る。理由は不明(他のは割と一人で遊んでくれるんだが)。
baka4_2.jpg
かるたセットをめくるの図

 文字と言えば、香里は言葉の発達が遅いようで、特に「モノの理解」が遅れている(と思う)。自分がプルチノに興味を持った(というか心の隙を突かれたw)のも、その点にある。挨拶や「おいしい」などの表現はできるようになっていて、どちらかというとそっち系の方が抽象的で難しいと思うんだが、不思議だ。1歳半検診でも、指差しができなかったし、自分の名前に反応しない。パパ、ママは言うのだが、これといって誰かを指して言っているわけではないようで、じいじ、ばあば、は言えず、香里が何かを欲しがって「何が欲しいの?」と聞いても、指を指し示すわけでもない。
 言葉自体は、うるさいくらいによくしゃべるので、それほどあせっていないのだが、プルチノの効果は今のところ、無い。ま、突然できるようになる予感もするけど、出来ないうちは親なりに心配するよねー?(誰に言ってんだ)

 3点目は「ひらがなセット」(正式名称は忘れたw)。これは字が書いてある平べったい3cm四方のプラスチックパーツをはめ込んだり、並べたりして言葉をつくる教材で、当然香里にはまだ早い代物であるが、なんか手触りがいいのか、ガシャガシャしながら遊んでいる。でもガシャガシャするだけ。すぐ飽きる。でも、またやるんだよな。
baka4_1.jpg
手触りがいいようです

 これに限らないけど、子供はすぐにモノを投げますね。小さくて握りやすいものは特に。楽しいんだから、静かに見守ってあげたいところだが、果たしてシツケはしなくてもいいんだろうか、ちと悩む。
 NHKの「すくすく子育て」という番組の中で、「シツケは生まれたときから始めて」と言っていたのだが、こういう「成長したら迷惑行為かもしれない」遊びはいつから言い聞かせるべきなんでしょうねぇ?>あのときの先生

|

« 新機軸? | トップページ | バッ……いや、なんでもない »

コメント

使用記4楽しく見させてもらいました\(^o^)/
写真も載せていただいて嬉しいです。(*^_^*)ありがとうございました。
プルチノはトータル改訂版といわれてるみたいですが根本の考えや物は似ているような感じがします。
ただ素材がよくて、使うのにも考えられて使いやすいようになってる気がします。あとプラスアルファの部分があるのかな。数字関係は違うのかもしれませんが・・・。
例えばひらがなセットのチップは1つのケースに全部ごちゃごちゃにはいってるから1つのひらがなを見つけるのに苦労して、子供に別の言葉を要求されても探すのが大変です(^_^;)今はお金代わりに使ってます・・・。あと型をはめこむプラスチックのものはありません。
トータルの基本のセットは30万前後と聞きましたが私は60万のセットを買ってしまいました。
説明を受けたのは基本セットの内容だけでしたが動物のビデオやチェック&アタックの百科事典見たいなのがついてました。
気づくのが遅い私がいけないんですが教材自体はいいのだから
もっと消費者の立場にたってセールスしてもらいたいものです。
azuhaさんのセールスの方は誠実な方でよかったですね。

うちの息子は2歳過ぎで言葉がポツポツではじめ、もちろん1歳半検診の指差しもできませんでしたよ!でも教材を使い始めて、本当色々吸収して、数字だけじゃなくひらがなも少しずつ覚えてきています。だから中央出版の悪口を言う人たちは使いこなせなかったからいってるんじゃないかな。
長々とすみません。_(._.)_またのぞかせてくださいね。

投稿: アンパンマン | 2004.06.01 22:04

 コメント有難うございます。
 言葉の発達は個人差があるんですね~。身体の発達はしすぎるくらいしているので、気になってましたが、気長に成長を楽しもうかと思います。

 ビデオや本の類は「パーフェクトセット」と呼ばれるものについているようです。そっちは80万以上します。プルチノになってから最低価格は45万円だそうなので、コストは逆に上がっているのかもしれませんね。というか、教育関連企業にコスト意識があるのかどうかもわからないけど…(^_^;

投稿: azuha(管理者) | 2004.06.04 12:10

杏葉さんこんにちは。私もググってしまった母親でございます。こちらにたくさん飛んでくるのね。就職組の新人社員達が。分かりますよ。今はネットで調べれば何でも分かってしまう時代となってしまいました。

かくゆう私もいつも調べ物はネットですからね。とても便利な反面怖いこともたくさんありますが・・・小学校六年生同士のネット上での悪口だかなんだかで刺し殺しちゃったなんて嘘みたいなことが本当にある世の中です。怖いです。

と、前置きが長くなりましたが、家にもきましたよ、知能診断とかいってオール5の方が。ま、千円だからいっか。と診断用紙に記入して昨日営業の方が来て契約してしまいました・・・はははっ

確かに営業の方大変だと思いますよ。私も営業や訪販などやってたけどその大変さはわかっているのでうちに来た営業の方は26歳という若さながらなかなか好感の持てる男性だったので、嫌な思いもしなく、午後一時にこられて五時まで説明してくれて私が欲しくて欲しくてしかたなかったけど主人に相談ナシには契約ができずにどきどきと一時間ねばっちゃって「やっぱり契約しますぅ」と契約したところで結局主人が帰ってきて、もう一度説明しなおしてもらい、主人も気に入り「うん、これなら買ってもいいんじゃない?」とあっさりと承諾。こんな高いの怒られるかもしれないと心配していた私の予想をはるかに超えた「環境って大事だよっ」て言ってくれた主人がなんか大きく見えた瞬間でした。

二年生になる娘も主人と一緒にプルチノでとても楽しそうに遊んでいたことと、ゆとり教育でさらにゆとりがなくなっている小学校の現実は痛いほど知っていたので、持ってきてもらった計算プリントも子供がやっていたのを見ていたので、説明されるまでもなく、親が教えれるのは何年生までなのだろうと不安に思っていたところのジャストミートでございました。

でも本当に種類がたくさんあって親でもしばらくは楽しく遊べそうな勢いの教材でした。本当に木の棚も前のトータルには無いものだし、英語に興味を持ち始めた七歳の長女にもすぐ使えるしきっと買って損はないと思っています。

悪口ばかりの中央出版ですが、商品は真剣に子供の知育や創造力をつけるために真面目に作ってある商品だったので物はいいと思いますよ。真剣に誠心誠意つくして営業している社員もいるので中央出版たたきはちょっと可愛そうですね。まあ、家は五ヶ月の息子なのでプルチノパーフェクトを勧められ、というかそれしかないかんじだったので、その下があるのを知らなかったのですが、も少し突っ込んで聞けばよかったかな・・・
でもパーフェクトでも使いこなせるかな??五ヶ月なので。安いのに換えてもらった方がいいのかしら?

投稿: | 2004.06.04 16:40

投稿者名出ませんでした。すみません。↑

投稿: ゆかっちママ | 2004.06.04 16:44

はじめまして。

昨日私のところにもオール5の営業マンが来ました。
うちは共働きでしたので育児の不安点の痛いところを突かれまくって
防戦一方でしたが、殆ど陥落しそうな妻をなんとか押さえ
「ともかく、こんな高いもの。(提示は71万円)即決では決められないなぁ」
と営業マンに話したところ、落胆した様子で帰宅しましたが
なぜかパンフレットは置いていきませんでした。

後ほど気がついたのですが、娘(1歳半)がしっかりと、
黄色と青のペタッとはれるシートを複数枚
かっさらってました。これ一枚で3000円くらいじゃないの!

今日の時点で電話かかってこないところをみると、
即決出来ない家はさっさと諦めてしまうみたいですね。

確かにものは、すばらしい出来でしたが・・・
やっぱ高いっす。

でもいい問題提起をしてくれたのも確かで、買う買わないは別にして
営業マンの話を聞くのも面白いかもしれないです。

投稿: BBOONN | 2004.07.04 18:43

>今日の時点で電話かかってこないところをみると、
>即決出来ない家はさっさと諦めてしまうみたいですね。

 一度訪問したところは同じ営業マンが再度訪問することができないそうです。そう言ってました。営業マンにも後がないようにさせることで、成約率を上げさせる手段なんでしょう、きっと。
 「"後日返事をする"というご家庭は、ほぼ10割「やっぱりいらない」という返事になる」とも言ってました。まあそうだろうな…と。

 パンフレットはウチも置いてくれませんでした(購入製品以外)。とにかく情報をオープンにしたくないみたいですね~。意図は、大体想像できますが(^^;

 あと、ぺタッと貼れるシートは、後から何枚でもタダで補充できるようです。買うと補充用申し込み用紙がついてきます。

投稿: azuha(管理者) | 2004.07.05 16:37

私達の家にも営業マンが来ました。私も妻も良い物が有るとは思いましたが、単品では買えないと言われ考えました8点セットで50万円近い金額なので、、、1点6万円子供の使うおもちゃとしては、どうなんですかねーペタッと貼れるやつが、良いと思ったんですがそれ以外はちょっと・・セットじゃなければ買ってもいいと思うのですが皆さんどう思います。

投稿: セイトのパパ | 2005.03.07 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19762/684207

この記事へのトラックバック一覧です: バカ親プルチノ(中央出版)使用記 その4:

» プルチノ [檻の中からコンニチワ]
先日、中央出版の関連会社「オール5」の営業マンが我が家にきた。 この話には複線があって、それより2週間前に「オール5」のひょうきんな お姉さんが我が家に... [続きを読む]

受信: 2004.07.06 18:43

« 新機軸? | トップページ | バッ……いや、なんでもない »