« F1古館語録 | トップページ | XML最大の弱点か!?w »

Windowsソース・コード流出がもたらす波紋

@IT:Insider's Eye -- Windowsソース・コード流出がもたらす波紋

 ソースのコメントに非常識なこと書いてると、後で恥ずかしい思いをしますよ、という記事(嘘w

コード・コメントから露見する開発者の姿勢

 今回のコード流出は、Microsoft自身のセキュリティの不備が原因だったわけではないため、同社の顧客にとっては、さほど深刻な懸念をもたらす問題ではないが、一方のMicrosoftにとっては、ソース・コードが詳細な吟味にさらされるというのは決まりの悪い経験となるはずだ。ソース・コードには、プログラマのコメントが含まれるが(プログラミングにおいては、コメントの追加は一般的かつ推奨すらされている慣行だ)、その多くには、Microsoftの社内、社外を問わず、ほかのプログラマに対する悪態や、失礼で侮蔑的な発言が数多く含まれている(こうしたコメントは通常、難解なコードに関する感情や、ほかのアプリケーションの欠陥を償うための回避策に関する感情を発散する手段となっている)。

 Shared Sourceプログラムの下で公開されているコードからはこうした扇動的なコメントは削除されているが、今回流出したコードにはオリジナルのコメントが数多く含まれていた。そうしたコメントに含まれる暴言のせいで、「Microsoftは競合製品よりも高い性能と高い信頼性を持たせるために、自社製品に特別なコードや回避策をWindowsに挿入した」といった批判につながらないとも限らない。少なくとも、こうしたコメントのせいで、同社のプログラマたちがプロらしからぬ集団と見られてしまうのは避けられないだろう。また開発者の中には、流出したコードを見て、そのコーディングの慣行やアルゴリズムから、Microsoftのコードと社内開発者のレベルに関して何かしらの結論を下す向きもあるかもしれない。

 昔、FINALというテキストエディタがあって、そのバイナリに競合相手のMIFESのことを糞ミソにけなしていた文章が含まれていた。というのを思い出しますた。

|

« F1古館語録 | トップページ | XML最大の弱点か!?w »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19762/505020

この記事へのトラックバック一覧です: Windowsソース・コード流出がもたらす波紋:

« F1古館語録 | トップページ | XML最大の弱点か!?w »