« BARのガーニーフラップが禁止だそうで | トップページ | みんな幸せ? »

ハゲしく納得

Blog@アイオワ: パソ通者からパワーブロガーへ、ワシも、、、。_| ̄|....○

ココログはなぜパワーがあるのか : ウェブログ@ことのは

 確かに、そういう面はあると思いますね。パソコン通信時代に培ったもの(ツッコミ属性w)が、記事を書くことへのパワーに繋がっているのは確かにある。この記事だって、言ってみれば会議室のツリーを伸ばしているようなものだしw

 結局のところインターネット上での掲示板は、パソコン通信の会議室の代わりにはならなかったわけですが、すでにインターネット上の掲示板で味わった「書き捨て感覚」も捨てられないし。
 そういう点で、「書き捨てのような一言ツッコミ」も、「推敲しまくった長文議論」も同時に満たす場という点では、ブログは絶妙なのかもしれません。

 いやあ、気づかされましたよ。松永英明さん、エライっ!w

 ただ、これはどうかな?

ニフティ伝統の「フォーラム」をブログに移植し、シスオペさんを管理人にした「フォーラム・グループブログ」を立ち上げる。シスオペさんはそのグループブログに、議論の中心となるテーマなどを書き込む。そして、そのフォーラムの参加者(もちろんニフティ内部に限定する必要はない)は、コメントなりトラックバックなりで反応を示すようにする。短いコメントは直接グループブログに投稿し、長いコメントは自分のココログなり他のブログなりで書いてトラックバックするようにするといいだろう(通常のページに書いて、グループブログ上から送信可能にしてもよい)。 

 自分だけかもしれないけど、すでに2ちゃんねるを代表とする「匿名の書き捨て」の麻薬に取り込まれた人はかなりいると思います。パソコン通信のユーザーの中にも。そういう人は「パソコン通信の復活」を望んでいるわけでは無いのではないかと。niftyに割と近いYahoo!掲示板だってあるし、niftyの会議室だって、今はインターネット上に解放してるし。
 それに、ひとつのテーマをブログで繋ぐのは「トラックバック野郎」があるから(記事を書いたときには無かったのかもしれないけど)、それが割と近いんじゃないかな。

 とはいえ、ツールのちょっとした特性が、あるムーブメントを起こす可能性は十分にあるから、やってみる価値はあると思います。というか、やってみてくださいw>ココログ他

|

« BARのガーニーフラップが禁止だそうで | トップページ | みんな幸せ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19762/438733

この記事へのトラックバック一覧です: ハゲしく納得:

« BARのガーニーフラップが禁止だそうで | トップページ | みんな幸せ? »