« IEでクリップボードの中身見れちゃうのかよっ(ミムラ) | トップページ | 第3セクターが違いすぎた »

BARの開発中のウィングにWがケチ?

 コレの続き。まだやるのか?w

 今月のF1グランプリ特集にその記事が載っていたが、どうも話が違うようだ。ガーニーフラップが問題ではなく、なんと”開発中でまだ実践投入していない”リアウィングのエンドプレートの形状がレギュレーション違反ということらしい。

 (前略)006の競争力は疑いようがないが、ここで一気にフェラーリとの差を短縮しようとシーズン中盤に投入を予定していたリヤウイングに、その登場前からストップがかかりそうだというのだ。
 ジェフ・ウィリスがデザインしたその特殊なりやウイングは、中心に向かって湾曲したエンドプレートのお陰で3エレメントと同様の効果をもたらし、リヤウイングのアッパーエレメントを2枚に制限する規定が今年から導入されたことで失われたダウンフォースを、少なくとも部分的に再現、回復しようとする構造だという。
 しかし、これはレギュレーションの解釈を超えており、BARから事情を聞いたFIAも、エンドプレートはある範囲内で垂直でなくてはならないとして、その使用を禁止する方向だ。  驚くべきは、BARがこのようなアイデアが受け入れられると考えたこと、そして仮に受け入れられれば決定的ともなりうるこのアイデアに関する情報が事前に漏洩したということだ。
(中略)
 問題の革新的エンドプレートは結局、デビッド・リチャーズの緘口令にもかかわらず、あるチームの要請を受けたFIAによって使用禁止となってしまった。伝えられるところによると、そのあるチームとはウィリアムズだったという。(後略)

 というわけで、そのリア周りの新パーツは見ることなくボツにされそうだ。ちぇ。

|

« IEでクリップボードの中身見れちゃうのかよっ(ミムラ) | トップページ | 第3セクターが違いすぎた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19762/487550

この記事へのトラックバック一覧です: BARの開発中のウィングにWがケチ?:

« IEでクリップボードの中身見れちゃうのかよっ(ミムラ) | トップページ | 第3セクターが違いすぎた »