« 小さなシアワセ | トップページ | うわははは »

キリ番記念:俺のトラックバック(略して俺トラ)

カウンターが1000を超えていたので、記念になにか書こうと思いあぐねた末に、「キリ番ごとに偉そうなことを書く」ことに決めたw
で、その1が「俺のトラックバック考(略して俺トラ)」である。

 ブログの最大の特徴は「トラックバック」だ。もちろんブログが持つ速報性(RSSやping)も特徴だろうが、書き手にとっての最大の特徴はやはりトラックバックの持つ双方向性だと思う。

 俺のお気に入りの巡回サイトお笑いパソコン日誌は、ブログが無かった頃からブログなサイトだった。基本的には面白いサイトを紹介しつつ日記形式でコメント。そのサイトはどこのサイトから辿ったかまで丁寧に記載するスタイル。ブログで言うコメントはBBSで受け付けている。まさにブログ(というか、こういう形式をうまくシステムとして纏めたのがブログなのだろう)。無いのはトラックバックだけだ(とはいえ、ここにリンクされるとリンク先のカウンタが鬼のように上がるので、リンクされたことに気づくという「社会的トラックバック」が起こるのだがw)。

 トラックバックは記事がブログサイトを参照すると、参照先にもそれが伝わるという点で、画期的だと思う。強制相互リンクであり、簡易SEO(w)でもある。だからこそ俺はこのトラックバックを積極的に使おうと思っている。ブログにあるコメントはブログを持ってない人がコメントを書けるようにする補助的なもので、ブログを持っている俺は一言コメントであってもトラックバックする。それがブログを活用する一つなんじゃないかなあ、と思うわけだ。

 トラックバックによる双方向性を活用したい俺にとって、トラックバックの機能にもう一つ加えて欲しいものがある。それは、トラックバックしたブログのリンクを自動的に自分の記事にも貼り付けられる機能だ。
 トラックバックされた方には当然トラックバックしたブログのリンクが貼られる。しかし、トラックバックした方は記事の中にリンクを書かない限り、どのブログを参照/参考したのかわからない。これは複数のブログを同時にトラックバックしたときに割と困る。ココログでは新着記事一覧があり、特にニュースのカテゴリーで同じニュースについて語っている人が多い事に気づくが、これらを全部トラックバックしたとき、相手側からは自分の記事にたどり着けるが、自分からは(リンクを記事中に貼り付けない限り)相手に辿れないのだ。
 そんなのは本来のトラックバックの使いかたじゃないというなかれ。ブログの双方向性、相互補完性を高める使い方としてこういうトラックバックもアリじゃないかと思うのだ(実は、こういう”同じようなOpinionのブログを複数トラックバックする”という使い方は他の人にトラバれたときに気づいた)。できれば検討して頂きたいものである。

以上。俺のトラックバック考(略して俺トラ)でした。

 というわけで、これからも俺のブログは”コメント代わりにも使っちゃうよーん”ブログです。リンク先を見なきゃわからない一言コメントしか書いてなくても許してねw

|

« 小さなシアワセ | トップページ | うわははは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19762/322846

この記事へのトラックバック一覧です: キリ番記念:俺のトラックバック(略して俺トラ):

« 小さなシアワセ | トップページ | うわははは »